カトレア CATTLEYA GROUP

カトレアは茨城県に5 店舗、東京都麻布に1 店舗構える美容室です。

Color 傷めない施術 確実に似合う色

美容室カトレア HOME > CONCEPT > COLOR カラー

薬剤のこだわり

トーンアップする部分のみアルカリカラー剤、明るくしない部分に微酸性カラー剤を使用することで髪を傷めません。

  • カラー

    カラーリングは一週間後にダメージ感がでるのはなぜ?
    美容室帰りはサラサラ・ツヤツヤだったけど、数日したら髪のダメージを実感したという経験はありませんか?

    それは髪の内部に残ってしまったカラー剤の成分によるものが考えられます。
    カラー剤が髪の中で化学反応するので、シャンプーをして髪の中に余計な成分を残さないのが理想です。
    でも、それがダメージしている髪になると話は違ってきます。

  • カラー

    ダメージしている髪の毛は、ペーハー(PH)がアルカリ性になっています。
    トリートメントをしても、髪にアルカリが残っていては、数日して悪い状態の髪になります。
    それが、一週間後のダメージ感となるのです。


    私たちは新生毛やトーンアップをする部分のみアルカリカラー剤を使用して、既染毛部分・明るくしない部分には、微酸性カラー剤を使用します。
    そうすれば、通常のカラーは髪が伸びた部分のみ一回だけアルカリカラー剤を使い、すでにカラーが施されている部分には、アルカリのカラー剤は使用しないでよいと考えます。

技術のこだわり

  • 薬剤がついている髪に必要以上のコーミングはしません。

    アルカリカラー剤が髪についているときは、とてもキューティクルがもろくなっている状態です。何度もコーミングをする事はダメージにつながります。

  • 薬剤反応の時間を厳守します。

    薬剤の反応が終わっているのに、いまいち染まりが良くないために放置をしてしまうと、想像以上の髪への負担があります。

  • 髪の内部に残留成分を残しません。

    そのうえ、カラーリング時のシャンプーとトリートメントは残留成分を完全に除去し、カラーリングの持続を高めるものを使用しています。

  • お客様に似合うカラーリングを必ず提案できます。

    カラーコーディネート診断と併用させていただき、お客様にお似合いの髪色とデザインをご提案させていただけます。